コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルヴィク岩 ラルヴィクがんlarvikite, laurvikite

岩石学辞典の解説

ラルヴィク岩

菱面体形のNa-正長石あるいはNa-微斜カリ長石,およびオリゴクレースと,10%程度のチタンオージャイト,バーケヴィ閃石,レピドメレーンなどを含むアルカリ閃長岩.副成分にネフェリンやソーダライトが含まれる[Brögger : 1890, Barth : 1944].斜長石がアルカリ長石より多くモンゾニ岩に属するものもあり,オフテダールはオージャイト─モンゾニ岩としている[Oftedahl : 1948].ノルウェーのラルヴィク岩は粗粒~中粒,青灰色~緑色で,多量のアルカリ長石が美しい青い閃光(schiller effect)を示しており,装飾用建築石材などに広く用いられている.ノルウェー,オスロ地方のラルヴィク(Larvik)の地名による.laurvikiteはラルヴィク岩の古い書き方である[Brögger : 1890].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ラルヴィク岩の関連キーワードラルヴィカイトライト・ラブラドール

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android