コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルヴィク岩 ラルヴィクがん larvikite, laurvikite

1件 の用語解説(ラルヴィク岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ラルヴィク岩

菱面体形のNa-正長石あるいはNa-微斜カリ長石,およびオリゴクレースと,10%程度のチタンオージャイト,バーケヴィ閃石,レピドメレーンなどを含むアルカリ閃長岩.副成分にネフェリンやソーダライトが含まれる[Brögger : 1890, Barth : 1944].斜長石がアルカリ長石より多くモンゾニ岩に属するものもあり,オフテダールはオージャイト─モンゾニ岩としている[Oftedahl : 1948].ノルウェーラルヴィク岩は粗粒~中粒,青灰色~緑色で,多量のアルカリ長石が美しい青い閃光(schiller effect)を示しており,装飾用建築石材などに広く用いられている.ノルウェー,オスロ地方のラルヴィク(Larvik)の地名による.laurvikiteはラルヴィク岩の古い書き方である[Brögger : 1890].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルヴィク岩の関連キーワード正長石長石カリ長石ラパキヴィソーダ花崗岩粗面石英安山岩ヒュブナー菱面体フレネル菱面体

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone