コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラワ族 ラワぞくLawa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラワ族
ラワぞく
Lawa

タイ北部のチエンマイに近い山地に住む一民族。言語はモン=クメール語族に属する。ミャンマーから中国雲南省にかけて住むワ族の一つ。元来平地一帯に住んでいたが,タイ族に追われて現在地へ移住したといわれる。生業は水稲耕作と焼畑での陸稲耕作である。かつては鉄鍛冶が盛んであったが交通が開けるにつれて衰えた。住居は杭上家屋で破風を道に向けて建っている。村は尾根に位置し,中央の道に沿って形成されるが,端に集会所と供犠柱を備える。ラワ社会は3階層から成り,上位2層の司祭層は焼畑の先取権をもつ。数年から数十年間隔で水牛供犠を行うが,仏教化されつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラワ族の言及

【アウストロアジア語系諸族】より

アウストロアジア語族に属する言語を話す諸族の総称。中部インドからインドシナ半島にかけて分布し,その経済形態も,マレー半島のセマン族やタイ,ラオスの山地のピー・トン・ルアン族のような採集狩猟民,ニコバル諸島民のようなイモ類・果樹栽培民,ベトナム中部・南部からラオス,カンボジアにかけての山地諸族(モイ,カー,プノンなどで,モンタニャールと総称する),北タイのラワ族や中国雲南のワ族のような焼畑稲作民,インドのムンダ族のような棚田耕作民,ベトナム人,クメール族モン族のような平地水稲耕作民にわたっている。 アウストロアジア語系諸族の分布地域は広いが,連続しておらず,タイ語系やチベット・ビルマ語系の諸族によって分断されている。…

※「ラワ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラワ族の関連キーワードゴールデン・トライアングルアウストロアジア語系諸族アンダマン諸島民ロトルア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android