コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングミュアの病的科学の法則 Langmuir's law of pathological science

1件 の用語解説(ラングミュアの病的科学の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラングミュアの病的科学の法則【Langmuir's law of pathological science】

・観察される最大の効果は,ほとんど検出されないぐらいの強さしかもたない原因の担い手によって生ずる.そして効果の大きさは原因の強さにはまったく依存しない.

・効果は検出の限界に近い大きさであり,また結果の統計的意味が非常に低いため,多くの測定が必要となる.

・高い精度が主張されている.

・経験に反する夢のような理論が提案される.

・批判されると即時にアドホックな言い訳が考えられる.

・支持者の批判者に対する割合が50% 近くまで上昇するが,その後徐々に忘れ去られる.

(「パリティ5(12)(1990),20-29,6(2)(1991),32-38より,西尾成子,小島智恵子訳.原文はPhysics Today1989[10],36-44)

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラングミュアの病的科学の法則の関連キーワードカイザー効果推測統計学デューラー顕熱ケトン体血最大無作用量示差屈折計健常労働者効果ハットン説ファノ効果(原子物理)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone