コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングラーブ ラングラーブ rhingrave

1件 の用語解説(ラングラーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラングラーブ
ラングラーブ
rhingrave

ヨーロッパで 17世紀なかばに用いられた男性用の極度にゆるやかな半ズボンの一種。着用時の外見はスカート状であるが,ウエストや両脇に赤や明色のリボンの輪の房束が飾られているのが特色。フランドル地方のゆるやかなズボンの変形としてフランスに導入され,そこから北欧の諸地域に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラングラーブの言及

【ズボン】より

…16世紀の男子服は胴衣,膝丈の半ズボン,靴下で構成され,半ズボン(キュロット,ブリーチズ)には詰物をしてタマネギ形などに膨らませたり,太股にぴったりさせた形のものなどが用いられた。17世紀にはラングラーブrhingraveと呼ばれるスカート状の,上脚部の半ばくらいの長さで,腰や裾にリボン飾りのついたズボンを,キュロットの上にはいた。この時代にベネチアでは,釣鐘形のスカートの下に,男子と同じキュロットをはいた女性も現れ,膨らんだキュロットは,ガレー船を漕ぐ奴隷のズボンと似ていたので,〈ガレー船の奴隷風ズボン〉とも呼ばれたという。…

※「ラングラーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラングラーブの関連キーワードショーム西ヨーロッパ南ヨーロッパ近代科学ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロピアンヨーロッパ電子計算機工業会ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone