ランス ヘンリクセン(英語表記)Lance Henriksen

20世紀西洋人名事典の解説


? -
米国俳優
ニューヨーク生まれ。
16才の時ブロードウェイで「ひばり」に初出演し、俳優の道を志すが引っ込み思案性格が災いしてその後の3年間を海軍で、2年間を商船に乗って過ごす。1969年俳優へのにかられ、アクターズ・スチューディオに入り演技の勉強を始める。アル・パチーノと舞台「The Basic Training of Pavlo Hummel」で共演や、「リチャード三世」「熱いトタン屋根の猫」などに出演。また70年代中頃から映画「狼たちの午後」(’75年)、「ターミネーター」(’84年)等に出演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android