コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドスケープモード らんどすけーぷもーど

2件 の用語解説(ランドスケープモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ランドスケープモード

用紙を横置きにして(上下の長さよりも、左右の長さが長くなるように用紙を使って)印刷するモード。一般に風景写真は横長であることからこの名前がついている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ランドスケープ‐モード(landscape mode)

《landscapeは風景画の意》DTPや印刷業界などにおける、印刷用紙の向きの呼び方。長方形の用紙の長い辺を水平に、短い辺を垂直に配置する置き方をいう。横置き。→ポートレートモード

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランドスケープモードの関連キーワード歌川広重コローコンスタブル山水画風景画プーサンホッベマロイスダール葛飾派川瀬巴水

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランドスケープモードの関連情報