コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・フォル・ジュルネ

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・フォル・ジュルネ

フランスのナントで1月下旬~2月上旬の連続する5日間に開催される同国最大級のクラシック音楽祭。1995年に音楽プロデューサーのルネ・マルタンが中心となり設立。ナント国際会議場をメイン会場に、その年ごとのテーマに沿った、低料金で楽しめるクラシックのコンサートを多数同時開催。会場周辺でもミニコンサートが開催されるなど、町全体が音楽祭の雰囲気に包まれる。名称はボーマルシェの戯曲『フィガロの結婚』にちなみ、「熱狂の日音楽祭」などとも訳される。この音楽祭の成功をうけて、スペインブラジル、日本など世界各地で「ラ・フォル・ジュルネ」の名を冠した音楽イベントが開催されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ラ・フォル・ジュルネ

1995年にフランスで生まれた音楽祭典。仏語で「熱狂の日」の意味。日本では2005年に東京都で始まり、金沢市、新潟市、大津市などへ広がった。45分間程度のコンサートを複数の会場で朝から晩まで同時開催し、自分の好みに合わせて「はしご」できる。

(2012-02-26 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・フォル・ジュルネの関連情報