ラ・ヴィ・アン・ローズ

デジタル大辞泉プラスの解説

シャンソン歌手エディット・ピアフ作詞、ルイ・グリェーミ作曲のスタンダード曲。原題《La Vie En Rose》。1946年に初レコーディング。イヴモンタン、ウテ・レンパー、ルイ・アームストロング、シンディ・ローパー、美空ひばりら多くのミュージシャンによってカバーされているほか、「麗しのサブリナ」(1954年)をはじめとする多くの映画でも使われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android