コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージパト・ラーイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージパト・ラーイ

ラーイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラージパト・ラーイ
らーじぱとらーい
Ll Ljpat Ri
(1865―1928)

パンジャーブ出身のインドの政治家。教師、弁護士として活動、アーリア協会の宗教・社会改革運動にも参加した。1888年から国民会議派指導の民族運動に加わり、1905~1908年のベンガル分割反対闘争でティラクやパールらと民族派の主要な指導者として活動した。1913~1920年は国外に滞在し、広い視野でインドの独立闘争を観察し、かつその間、在外インド人急進活動家グループの「ガダル党」とも接触した。ガンディー指導の非暴力抵抗(サティヤーグラハ)闘争に加わり、とくに1927~1928年のサイモン委員会ボイコット運動ではその先頭にたったが、1928年警官の警棒攻撃に倒れて死亡。著書には『若きインド』『不幸なるインド』などがある。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android