コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非暴力抵抗 ひぼうりょくていこう

世界大百科事典 第2版の解説

ひぼうりょくていこう【非暴力抵抗】

非暴力の方法によって権力に抵抗すること。1955年12月6日,アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリーでバスの黒人差別に反対するバス・ボイコット闘争が始まり,約5万の黒人市民が参加,翌56年12月21日,闘争は勝利を収めた。これは非暴力抵抗の輝かしい勝利であった。この闘争を指導したM.L.キング牧師は,非暴力抵抗non‐violent resistanceの特徴として次の5点を指摘した。(1)臆病者が使う方法ではなく,あくまでも抵抗の一種である,(2)反対者の打倒や侮辱ではなく,友情と理解の獲得を求める,(3)攻撃の目標は悪を行う人間ではなく,悪そのものの力である,(4)報復せず苦痛を甘受する,(5)反対者を憎まず,あくまで愛をもって対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

非暴力抵抗の関連キーワードモハンダス・カラムチャンド ガンディーC. ラージャゴーパーラーチャーリアカルロス・フィリペ・シメネス ベロラージャゴーパーラーチャーリアベロ(Carlos Belo)L. ラージパット・ラーイラージパット・ラーイラージパト・ラーイキング牧師記念日サティヤーグラハシャープビル事件サティヤグラハゴア(インド)国際連帯運動不服従運動ナーイドゥキング牧師ガンディーインド史ボウイー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非暴力抵抗の関連情報