ラージャゴーパーラーチャーリア(英語表記)Chakravartī Rājagopālāchāriar

世界大百科事典 第2版の解説

1878‐1972
インドの政治家。南インドのマドラス州(現,タミル・ナードゥ州)セーラム県に生まれる。通称はラージャージーRājājī。1900年から弁護士を開業するが,同時に民族運動にも強い関心を示し,19年のサティヤーグラハ(非暴力抵抗)闘争では弁護士業を放棄してマハートマーガンディーに従い,その思想の影響を受ける。37年の州自治制度の導入に当たってマドラス州に国民会議派州政府が成立すると,その首相となり,民族教育や禁酒を推進する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラージャゴーパーラーチャーリアの言及

【インド総督】より

…重要な改革のたびに立法機関の権限が拡大されはしたが,独立までは専制君主に近い存在であった。独立によってインドでは最後のイギリス人総督マウントバッテンおよび最初にして最後のインド人総督となったラージャゴーパーラーチャーリアは名目上の元首となり,1950年の共和国憲法によって総督が廃止された。パキスタンでは総督のポストは56年まで存在しその権限は強大であった。…

※「ラージャゴーパーラーチャーリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android