コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラービー[川] Rāvī River

世界大百科事典 第2版の解説

ラービー[川]【Rāvī River】

パキスタン北部,パンジャーブ五河の一つ。全長764km。古代サンスクリット文献ではイラーバティーIrāvatī川と記され,現名はそれより派生したといわれる。インドのヒマーチャル・プラデーシュ州北西部のピール・パンジャール山脈に発して北西に流れ,パンジャーブ平原に入って南西流しチェナーブ川に注ぐ。19世紀中期から上・下バーリ・ドアーブ用水路などが同川を水源として建設され,同ドアーブの開拓に貢献した。1947年のインド・パキスタン分離独立により,その水利権をめぐって両国間に抗争が生じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android