コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマキアン ラーマキアン Ramakian

1件 の用語解説(ラーマキアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマキアン
ラーマキアン
Ramakian

タイの韻文戯曲。もとはインド叙事詩ラーマーヤナ』をタイ風に翻案したもので,移入の時代や経路は明らかでないが,11世紀頃にマレー語訳を通じてではないかといわれる。タイ語の題名は「ラーマ王頌歌」の意。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーマキアンの関連キーワードコーン叙事詩ドン・カルロスナラ王物語ノンノスマハーバーラタ叙情詩カレビポエクウスルジーアダスサンティアゴ/はるかなる未来の叙事詩

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone