コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマキエン Ramakian

世界大百科事典 第2版の解説

ラーマキエン【Ramakian】

古来東南アジアの人々に広く親しまれているインドの大叙事詩《ラーマーヤナ》のタイ語版。ラーマキエンとは〈ラーマの栄光〉の意。この物語はスコータイ朝時代(13~15世紀)すでに知られていて,王名にもしばしばラーマの名が付加されてきた。タークシン王本,ラーマ1世本,同2世本,同4世本,同5世本,同6世本があるが,中でもラーマ1世が1793年から詩人学者を集めてつくったもの(手冊本117巻,約6万7000行)が傑出しており,歌唱劇,コーン(仮面黙劇)のためにクローン(kln)詩の形式で書かれた古典文学史上最長の傑作の一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラーマキエンの言及

【コーン】より

…インドの大叙事詩《ラーマーヤナ》のタイ版《ラーマキエン》を演じるタイの伝統芸術で,仮面舞踊黙劇。もとは屋外でおもに戦争場面を演じたが,国王の庇護の下に舞台芸術として発達した。…

※「ラーマキエン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーマキエンの関連キーワード東南アジア文学ラーマ(1世)東南アジア芸能ワットアルンビルマ舞踊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android