コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマッラー Rām Allāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマッラー
Rām Allāh

ヨルダン西部,ヨルダン川西岸,エルサレムの北方 14km,標高 872mに位置する町。 1967年以降,イスラエルに占領され,西岸地帯の行政区内にある。「神の丘」の意味をもつこの町は,ユダ高原上にあるため,夏季の避暑地として古くから有名であり,周辺は肥沃で,オリーブやブドウ栽培で知られている。町の南はテルミズペの遺跡で,旧約聖書に記録されているミズパの跡とされている。人口2万 4772 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラーマッラーの関連キーワードヨルダン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android