コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアウ[諸島] リアウ

百科事典マイペディアの解説

リアウ[諸島]【リアウ】

インドネシア西部,シンガポール島の南方海上に散在する島群。マレー半島の先端が陥没して生じた多数の丘陵性小島からなる。ビンタン,バタムなどが主島。行政的にはスマトラリアウ州に属する。
→関連項目シンガポール海峡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リアウ[諸島]【Kepulauan Riau】

インドネシア西部,シンガポール海峡南部に散在する島群で,最大のビンタン島をはじめ,バタム,ブーラン,クンドゥル,カリムンその他多数の小島を含む。面積3663km2,人口約12万。マレー半島南端部の延長にあたり,マラッカ海峡の東の入口を制する重要な位置にある。住民はスマトラ,ジャワ両民族の混血とされるリアウ人が主で,中国人も多い。近年はボーキサイト鉱採掘で重要地域となった。行政的にはスマトラのリアウ州に属し,州都がビンタン島のタンジュンピナンにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android