コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアルタイム視聴 リアルタイムシチョウ

デジタル大辞泉の解説

リアルタイム‐しちょう〔‐シチヤウ〕【リアルタイム視聴】

放送中のテレビ番組をその場で視聴すること。テレビ番組を録画し、あとで好きなときに視聴するタイムシフト視聴に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リアルタイム視聴
りあるたいむしちょう

テレビ番組を正規の放映時にテレビ受像機で視聴する視聴方法。放送電波を直接受信しながら視聴する、もっとも一般的な視聴方法のことである。しかし、ビデオ・オン・デマンドやデジタル録画機器の発達と普及によって、テレビ番組を定刻に視聴する人の割合は減少する傾向にある。視聴したい番組を録画し、都合のよい時間や場所で視聴する方法は「タイムシフト視聴」とよばれており、これに対することばとして「リアルタイム視聴」が使われるようになった。また、テレビ番組が視聴されている世帯の割合を示す、従来の世帯視聴率は「リアルタイム視聴率」とよばれるようになり、録画して視聴されている割合を示す「録画視聴率タイムシフト視聴率)」とは区別されている。
 総務省の『平成26年版情報通信白書』によれば、テレビ、ネット利用、新聞閲読、ラジオ聴取の1日の平均利用時間は、テレビのリアルタイム視聴がもっとも長く、平日168.3分、休日225.4分。これに対し、タイムシフト視聴は平日18.0分、休日30.5分であった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リアルタイム視聴の関連キーワードノッティーヴィーNOTTV

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リアルタイム視聴の関連情報