視聴(読み)しちょう

精選版 日本国語大辞典「視聴」の解説

し‐ちょう ‥チャウ【視聴】

〘名〙
① (━する) 見ることと聞くこと。見たり聞いたりすること。また、その対象のもの。してい聴視
※本朝文粋(1060頃)三・鳥獣言語〈菅原淳茂〉「希夷、一孔不以定者也」
※山鹿語類(1665)二一「必竟視聴は耳目の用なれば、先づ耳目の威儀を正し、而して其の交接の人物事変に因って、視聴の法をただし理を窮め」 〔礼記‐曲礼上〕
② 目と耳。耳目(じもく)。してい。
※菅家文草(900頃)一・早春侍内宴、同賦無物不逢春「臣地是遊鈞、身同絋、視聴失所、豈敢多言」
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉序「近体新声の耳目に嫺はざるを以て、倉皇視聴を掩はむとする人々よ」
③ 注意。注目。関心。
※野分(1907)〈夏目漱石〉五「人の視聴を惹くの結果、われより苦痛が反射せぬ様」

し‐てい【視聴】

〘名〙 (「てい」は「聴」の漢音)
① =しちょう(視聴)①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「器械のしかけによりて観者の視聴(シテイ)の官にうったふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「視聴」の解説

【視聴】しちよう(ちやう)

見聞きすること。耳目。〔国語、周語下〕夫(そ)れ君子は、目以て體を定め、足以て之れに從ふ。~其の君、會に在りて、聽、必ず皆(つみ)無くんば、則ち以てを知るべし。

字通「視」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android