コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウチヤ(劉家)峡ダム リウチヤきょうダムLiujiaxia shuiku

1件 の用語解説(リウチヤ(劉家)峡ダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウチヤ(劉家)峡ダム
リウチヤきょうダム
Liujiaxia shuiku

中国北部,カンスー (甘粛) 省南西部のリンシヤ (臨夏) ホイ (回) 族自治州にあるダム。ホワン (黄) 河がチベット高原縁辺の山地を刻んで造ったリウチヤ峡に建設された多目的ダムで,貯水量 57億m3,発電容量 122万 kW。少数民族地域の農業とランチョウ (蘭州) 市の工業の発展に貢献している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone