コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウヤン(瀏陽)県 リウヤンLiuyang

1件 の用語解説(リウヤン(瀏陽)県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウヤン(瀏陽)〔県〕
リウヤン
Liuyang

中国華中地方,フーナン (湖南) 省東部,チャンシャー (長沙) 特別市に属する県。チウリンシャン (九嶺山) 山脈の西部を占め,シヤン (湘) 江支流のリウヤン河が西流している。古くからカラムシの栽培が盛んで,シヤ (夏) 布と呼ばれる麻布の産地として知られていた。人民共和国成立後,鉄,石炭,リン,タングステン,亜鉛,鉛などの地下資源が発見され,南東部のウェンチヤシー (文家市) に炭田,北東部のヨンホー (永和) に露天掘りのリン鉱山などが開発された。リン肥工場もある。チョーカン (浙 贛) 鉄道の支線が通じている。人口 129万 9065 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone