コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエンユンカン(連雲港)特別市 リエンユンカンLianyungang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リエンユンカン(連雲港)〔特別市〕
リエンユンカン
Lianyungang

中国華東地方,チヤンスー (江蘇) 省北部,ホワン (黄) 海にのぞむ市。市区と3つの県から成る。 1949年トンハイ (東海) ,シンプー (新浦) ,リエンユン (連雲) が合併して市となり,シンハイリエン (新海連) と称したが,61年現在名に改称。市庁はシンプーにある。港は沖合いをシーリエン (西連) 島に守られ,大型船舶が停泊できる。シャンハイ (上海) 市,チンタオ (青島) 市,テンチン (天津) 市,ターリエン (大連) 市などに定期航路が開けている。また大型漁港の一つでもある。内陸へはロンハイ (隴海) 鉄道が通じる。東郊のユンタイ (雲台) 山付近でモリブデン,南郊でリン灰石を産する。化学,鉄鋼,電機,綿紡織,食品加工などの工業がある。南部の海岸はホワイペイ (淮北) 塩田と呼ばれる製塩地帯の一部。人口 343万 9743,うち市区人口 55万 1524 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android