りん灰石(読み)リンカイセキ

化学辞典 第2版「りん灰石」の解説

りん灰石
リンカイセキ
apatite

Ca5(PO4)3(OH,F,Cl).アパタイトともいう.フッ素りん灰石Ca5(PO4)3F,塩素りん灰石Ca5(PO4)3Cl,水酸りん灰石Ca5(PO4)3OHで代表されるほぼ連続的な組成をもった鉱物.火成岩の副成分鉱物として広く分布リンの主要鉱物で,ロシア,南アフリカなどに大鉱床がある.六角の柱状および板状の結晶,粒状,微晶質集合体として産出する.六方晶系,空間群 P 63/m,格子定数 a0 = 0.93~0.96,c0 = 0.68 nm.単位胞中に二つの基本組成を含む.へき開は底面に完全.硬度5.密度2.9~3.2 g cm-3.白,灰,淡緑,淡青,黄色など.動物の歯や骨の無機成分にりん灰石と似た組成が認められる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android