コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシニン ricinine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リシニン
ricinine

化学式 C8H8N2O2トウダイグサ科の植物トウゴマ (ヒマ) の葉および種子に存在するアルカロイドアルコールから再結晶して針状晶として得られる。融点 201.5℃。 170~180℃ (20mmHg) で昇華する。水,アルコール,クロロホルムエーテルなどにわずかに溶ける。苦みを有する中性物質で,酸とは塩をつくらない。毒性が強く,摂取すると,嘔吐,溶血性胃腸炎,肝臓・腎臓障害,けいれん,昏睡,血圧および呼吸低下などを経て死にいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リシニンの関連キーワード腎不全・尿毒症コングリシニングロブリン腎疾患とはレグミン唐胡麻腎炎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android