リシマキア(英語表記)Lysimachia nummularia L.

世界大百科事典 第2版の解説

リシマキア【Lysimachia nummularia L.】

ヨーロッパ,アメリカ合衆国東部地方原産のサクラソウ科多年草。ヨウシュコナスビともいう。石垣やロックガーデンにはわせて観賞する。寒さに強く,冬は露地でも霜よけの必要はない。茎は地をはい,四方に1年で60cmはのび,地に触れたところで発根し,地をおおう。葉は対生し,尖円形で1.5cm。6~7月に各葉腋(ようえき)に鮮黄色の美しい合弁花を1花つける。花冠星形に5深裂し,径約2cm。 開花直後に親株から匍匐(ほふく)枝を切って地にふせれば,たやすく発根して繁殖する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android