コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リタイ Lithai

1件 の用語解説(リタイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リタイ【Lithai】

?‐1374?
タイのスコータイ朝第5代の王(在位1347‐74?)。ラーマカムヘン大王の孫。1340年以来副王としてサッチャナーライにあったが,47年軍を率いてスコータイに戻り,奪われていた王位を簒奪者から奪還して秩序を回復,みずから王位につきスコータイ朝中興の祖となった。50年南方にアユタヤが興ると,これとの修交に努めている。武人としてのほか彼の名はタイ文学史上《トライプーム(三界経)》の著者として名高い。同書は彼が副王であった1345年に著した在家者向きのタイ語の啓蒙的仏教書で,スリランカ仏教の強い影響が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリタイの言及

【スコータイ朝】より

…スコータイ城西部のサパーン・ヒン寺は,同王が林住部(アランニカ)の大長老のために建立寄進した精舎の遺構である。スコータイは次代のルータイ王(在位1316?‐46?)のとき版図の大半を失ったが,簒奪王グワ・ナムトムを除いて王位についた子のリタイ(在位1347‐74?)は,祖父の築いたスコータイの威勢を再興した。リタイは〈大正法王(マハータンマラーチャー)〉と呼ばれる篤信の仏教徒で,王子時代にトライプームという仏教宇宙論を著した。…

【トライプーム】より

…タイのスコータイ朝のリタイ王が,王子時代の1345年にタイ語で著した仏教宇宙論。《三界論》あるいは《ルアング王の三界経》として知られ,三界とは仏教にいう欲界,色界,無色界を指す。…

※「リタイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リタイの関連キーワード小島法師小島法師中小企業再生支援協議会倪瓚高啓小島法師万福寺李花集観阿弥太平記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リタイの関連情報