コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッティンガーの法則 Rittinger's law

法則の辞典の解説

リッティンガーの法則【Rittinger's law】

固体粉砕時の仕事に対する法則の一つで,キックの法則*ボンドの法則*と並んで粉砕の三大法則といわれる.固体を粉砕する際に,粒子粒径を小さくするために必要な粉砕仕事(E)は,生じる粒子の表面積の増加量に比例する.すなわち

ECS2S1

となる.ここで S1S2 は粉砕前後の粒子の比表面積,C は定数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のリッティンガーの法則の言及

【粉砕】より

…このような粉砕エネルギーの評価式としては,次の3者がよく知られている。(1)リッティンガーの法則 リッティンガーP.von Rittingerが1867年に提案した粉砕エネルギーの評価式である。リッティンガーは粉砕に要するエネルギーは,粉砕の結果として新たに生成される粒子表面積の総和に比例すると考えた。…

※「リッティンガーの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

リッティンガーの法則の関連キーワードボンドの法則(機械工学)粉砕の仕事法則粉砕法則比表面積ボンド

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android