リバース・イノベーション(読み)りばーすいのべーしょん(英語表記)reverse innovation

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新興国で生まれた技術革新(イノベーション)や、新興国市場向けに開発した製品、経営のアイデアなどを先進国に導入して世界に普及させるという概念。先進国の技術や商品を新興国へ移転するという従来手法とは逆に、新興国から先進国へ逆流reverseさせるので、リバース・イノベーションとよばれる。2010年代初めに、ゼネラル・エレクトリック社(GE)最高経営責任者のジェフリー・イメルトJeffrey R. Immelt(1956― )やアメリカのダートマス大学教授のビジャイ・ゴビンダラジャンVijay Govindarajan(1949― )らが提唱した。2012年に、ゴビンダラジャンらが出版した書籍『Reverse Innovation―Create far from home, win everywhere』(Harvard Business Review Press、邦訳『リバース・イノベーション』、2012年、ダイヤモンド社刊)によって概念が広く知られるようになり、グローバル経営の新潮流として注目されている。

 典型例はアメリカのGEヘルスケア社がインド市場向けに開発した800ドルという格安の心電計である。インド市場にあうように価格を抑えるため、大幅に設計を簡素化し持ち運びできるように小型軽量化したことが奏功し、3000ドルする従来の大型装置に手の届かなかったヨーロッパ諸国の開業医らに受け入れられ、全世界に普及した。このほか、小型のドラム式洗濯機、耐用期間の長いトラクター、ガスで動く小型発電機など、中国、インド、中南米市場などで開発された製品・技術が先進国で広く受け入れられる例が増えている。一般に、新興国では通信や電力などのインフラストラクチャーが未整備なうえ、原材料・部品・資金なども不足がちで、需要側の購買力も低い。こうした市場で要求される技術や製品は、低価格、簡素な設計、単純な機能、高い耐久性などであるため、従来とは異なる条件での開発が求められる。リバース・イノベーションが重視される背景には、製品開発には不利な状況下で、なかば白紙の状態からこそ、斬新な技術や画期的アイデアが生まれやすいという考え方がある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

新興国で生まれた技術革新や経営革新などが、先進国に逆流して波及し、時として大きな破壊力を持って先進国の市場を席巻するという国際経営論における技術革新等についての概念。新興国市場に適する特色などの視点によるイノベーションを、先進国市場にも逆流させることが必要だと説く。基本的には、先進国に本拠を持つグローバル企業が新たに取り組むべきグローバル戦略の一貫として、唱えられている。中国やインドなどの新興国の巨大企業が先進国市場に乗り込むのに先だって、グローバル企業が新興国で主導的にイノベーションを起こすことで国際市場での優位性を保つことができるとしている。
イノベーションに関するこれまでの一般的な認識としては、技術革新などは最初に先進国で生み出されると考えられてきた。その革新が陳腐化したり廉価版が派生したりすることで、経済基盤の薄弱な新興国の市場で受け入れられるという、上流から下流への流れが想定されていた。すなわち、新興国はイノベーションにとって市場ではなく、その成果物を製造する工場に過ぎないという認識に立つものだ。先進国で普及した高品質な製品は、その価格の高さが新興国の一般的な消費者にとっては受け入れがたい。それゆえ新興国では、品質や機能を必要最低限に絞った低価格のローエンド製品を投入するというのが、これまでのグローバル戦略であった。
しかし先進国企業からすると、ローエンド廉価版を市場に投入することは、高性能・高価格で収益性も高いハイエンド製品と競合し、売上拡大の足かせになるとも考えられる。こうしたことから先進国企業は、突出した高性能・高機能なハイエンド製品開発にばかり傾注し、新興国市場では消極策に流れ、手をこまねいていたのが実情だ。
これに対して、新興国の企業は自国の市場にマッチした製品を開発・販売し始める。その製品は安価であっても必要十分な機能を備え、電力事情が不安定な地域でも安定稼働できたり、持ち運びに適していたり、知識が乏しい者にも運用できるという特色を備える。こうした新興国の実情と要求に応える商品は、先進国市場においても価格に限らず、新たな視点に立った機能や特色が受け入れられ、先進国の先行する商品を脅かすに至っている。
このような状況について、先進国企業の「高性能化を目指す」などの緩慢な持続的イノベーションでは、新興国の破壊的なイノベーションに対抗できないとしたのが、クレイトン・クリステンセン博士の「イノベーションのジレンマ」という理論である。これに対して、先進国企業が、新興国に開発拠点を築くなどして積極的にイノベーションを起こして新興国市場を攻略し、その力で本国などでも優位性を確保しようとするのがリバース・イノベーションの考え方である。
リバース・イノベーションの成功例としては、米国ゼネラル・エレクトリック社(GE)のインドでの経験が挙げられる。同社はインドに医療機器の開発・生産拠点を構えて、インド市場向けに極めて安価な心電図検査セットを開発した。それが安価であるのみならず、軽量・コンパクトで十分な性能を有していたことから、中国や欧州などでも好評を博すヒット商品となった。これらをまとめ検討した論文がタック・スクール・オブ・ビジネス(米ダートマス大経営学大学院)国際経営論の教員、ビジャイ・ゴビンダラジャンらによって発表され話題となった。日本の電器・電子メーカーなども、新興国企業の猛追を受けて厳しい経営を強いられていることなどから、日本でもこの考え方に関心が高まっている。

(金谷俊秀 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android