コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リパブリック賛歌 リパブリックさんかBattle Hymn of the Republic

世界大百科事典 第2版の解説

リパブリックさんか【リパブリック賛歌 Battle Hymn of the Republic】

アメリカの国民的愛唱歌。日本でも〈おたまじゃくしはかえるの子〉という歌の節として親しまれている。南北戦争初期,北軍は奴隷廃止論者J.ブラウンにちなむ《ジョン・ブラウンズ・ボディ》を愛唱したが,1861年ワシントン近郊の北軍キャンプを訪れた詩人J.W.ハウが,この歌の旋律に合わせて作詞したのが《リパブリック賛歌》である。翌年《アトランティック・マンスリー》誌に発表され,北軍側の愛唱歌としてひろまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リパブリック賛歌の関連キーワードジューリア・ウォード ハウ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リパブリック賛歌の関連情報