コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヒテンベルクの図形 リヒテンベルクのずけいLichtenberg's figure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヒテンベルクの図形
リヒテンベルクのずけい
Lichtenberg's figure

気体中の固体表面における沿面放電によって得られる図形。樹枝状に分岐した放射模様を呈している。絶縁物の表面に粉末を散布して放電させ,G.リヒテンベルクが初めてこの図形を得た。粉末の代りに写真乾板を置いてもよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone