リヒテンベルクの図形(読み)リヒテンベルクのずけい(英語表記)Lichtenberg's figure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リヒテンベルクの図形」の解説

リヒテンベルクの図形
リヒテンベルクのずけい
Lichtenberg's figure

気体中の固体表面における沿面放電によって得られる図形樹枝状に分岐した放射模様を呈している。絶縁物の表面に粉末を散布して放電させ,G.リヒテンベルクが初めてこの図形を得た。粉末の代り写真乾板を置いてもよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android