コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフ族 リフぞくRif; Riffi; Riffian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リフ族
リフぞく
Rif; Riffi; Riffian

アラビア語でエルリフ (辺境) という意の,モロッコ北東部に住むベルベル人の総称。形質的にはベルベル人のなかで最も色白で,半数以上が明るい髪と目をもつ。 19の集団から成り,ベルベル語の方言リフ語のほかにアラビア語,スペイン語も話す。宗教はイスラム教。農業,牧畜,さらにいわし漁も行う。 1926年の民族自決の独立運動以前は,社会は階級単位に分れた親族や住居によって組織されていた。各単位ごとに勇者として知られた男たちを議会に選出した。リフ族はその勇敢さで世界に知られているが,26年のフランスとスペインとの講和や 56年のモロッコの主権回復以来,フランスやスペインの軍隊で活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リフ族の関連キーワードL.H.G. リヨテアブデル=クリムモロッコ独立運動リフ戦争

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リフ族の関連情報