コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルベル人 ベルベルじんBerber

翻訳|Berber

2件 の用語解説(ベルベル人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルベル人
ベルベルじん
Berber

北アフリカのモロッコアルジェリアチュニジアリビアエジプトにかけて分布するコーカソイド系住民で,ベルベル語を話す人々の総称。古代ローマ人や7世紀のアラブ人の支配を受けたが,12世紀にベドウィン族に侵略されるまでは比較的自律した農耕民であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルベル‐じん【ベルベル人】

Berber》北アフリカに広く居住する先住民族。ベルベル語を話す。7世紀以降イスラム化、アラブ化が進んだ。ベルベルの名称はギリシャ語の「バルバロイ(=ギリシャ世界の外に住む文明化されていない人の意)」に由来する。自称は、高貴な出の人間、自由人の意のアマジグ(複数形イマジゲン)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベルベル人の言及

【アンダルス】より

…第1期は征服の開始(711)からウマイヤ朝の領州時代の終り(750)までである。ベルベル人の部将ターリク・ブン・ジヤードが711年に,次いでマグリブ総督ムーサー・ブン・ヌサイルMūsā b.Nuṣayr(640‐716∥717)が712年に,相次いでモロッコの海岸から上陸し征服を開始した。西ゴート王国を滅ぼしたイスラム軍の北進は732年,南フランスのトゥール・ポアティエの戦の敗北で一時頓挫したが,その後も定期的遠征を繰り返し,ローヌ渓谷に進出したこともあった(図1)。…

【カルタゴ】より

…最高政務官は毎年門閥から選出される2人のスフェテスsuffetes,軍事指揮官は別途選ばれる将軍であったが,実権を握るのは数百名の門閥から成る元老組織,104人から成る裁判委員会であり,独裁者出現の芽は厳しく摘みとられた。民会(市民総会)は有名無実であり,市民の従軍はまれで,イベリア人,バレアレス人等,西地中海諸住民からの傭兵,従属リビア人からの徴兵,ヌミディアマウレタニアのベルベル人首長からの援軍が軍隊の中核をなした。商人の社会的地位の高さと軍人への評価の低さはギリシア・ローマ社会と対照的である。…

※「ベルベル人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルベル人の関連情報