コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルベル人 ベルベルじん Berber

翻訳|Berber

2件 の用語解説(ベルベル人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルベル人
ベルベルじん
Berber

北アフリカのモロッコアルジェリアチュニジアリビアエジプトにかけて分布するコーカソイド系住民で,ベルベル語を話す人々の総称。古代ローマ人や7世紀のアラブ人の支配を受けたが,12世紀にベドウィン族に侵略されるまでは比較的自律した農耕民であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルベル‐じん【ベルベル人】

Berber》北アフリカに広く居住する先住民族。ベルベル語を話す。7世紀以降イスラム化、アラブ化が進んだ。ベルベルの名称はギリシャ語の「バルバロイ(=ギリシャ世界の外に住む文明化されていない人の意)」に由来する。自称は、高貴な出の人間、自由人の意のアマジグ(複数形イマジゲン)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルベル人の言及

【アンダルス】より

…第1期は征服の開始(711)からウマイヤ朝の領州時代の終り(750)までである。ベルベル人の部将ターリク・ブン・ジヤードが711年に,次いでマグリブ総督ムーサー・ブン・ヌサイルMūsā b.Nuṣayr(640‐716∥717)が712年に,相次いでモロッコの海岸から上陸し征服を開始した。西ゴート王国を滅ぼしたイスラム軍の北進は732年,南フランスのトゥール・ポアティエの戦の敗北で一時頓挫したが,その後も定期的遠征を繰り返し,ローヌ渓谷に進出したこともあった(図1)。…

【カルタゴ】より

…最高政務官は毎年門閥から選出される2人のスフェテスsuffetes,軍事指揮官は別途選ばれる将軍であったが,実権を握るのは数百名の門閥から成る元老組織,104人から成る裁判委員会であり,独裁者出現の芽は厳しく摘みとられた。民会(市民総会)は有名無実であり,市民の従軍はまれで,イベリア人,バレアレス人等,西地中海諸住民からの傭兵,従属リビア人からの徴兵,ヌミディアマウレタニアのベルベル人首長からの援軍が軍隊の中核をなした。商人の社会的地位の高さと軍人への評価の低さはギリシア・ローマ社会と対照的である。…

※「ベルベル人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルベル人の関連キーワードベルベル語アフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカホワイトアフリカ汎アフリカ主義北阿アフリカデーアフリカの音

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルベル人の関連情報