コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リャザン州 リャザンRyazan'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リャザン〔州〕
リャザン
Ryazan'

ロシア西部の州。州都リャザンモスクワの南東方,東ヨーロッパ平原中部のオカ川中流域を占め,西部に中央ロシア高地の一部を含むほかは全体に低平で,オカ川をはさんで北部はメシチョラ低地,南部はオカ=ドン低地となっている。森林,森林ステップ地帯に入る。リャザン,スコピンカシモフを中心に機械,製油,化学,食品,建設資材などの工業が立地しており,農業はコムギ,ライムギ,ジャガイモ,テンサイ,タイマ,タバコなどの栽培と畜産が中心。オカ川の水運,モスクワとサマーラを結ぶハイウェー,リャザンより分岐する鉄道が州内の主要交通路である。面積3万 9600km2。人口 134万 9400 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リャザン州の関連キーワードヴァシリイ ゴロツォフセルゲイ エセーニンロシア連邦リャジスクモクシャ川サソボ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android