コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リャブシンスキー家 リャブシンスキーけ

世界大百科事典 第2版の解説

リャブシンスキーけ【リャブシンスキー家】

ロシアの工業家,銀行家一族。カルーガ県の農民身分出身。19世紀中葉,いくつかの小繊維工場を所有していたが,1869年綿紡工場を買収して成長した。同時に信用業務にも従事し,1900年ハリコフ土地銀行を買収。02年にはリャブシンスキー兄弟銀行を創設し,それを12年モスクワ銀行に改編した。第1次世界大戦期には林業,金属加工業にも手をのばし,財閥型のコンツェルンとなった。最後の家主パーベル・リャブシンスキーPavel Pavlovich Ryabushinskii(1871‐1924)はコノワーロフとともにブルジョアジーの左翼化を代表する人物で,新聞《ロシアの朝》を出し,モスクワ戦時工業委員会会長をつとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報