コノワーロフ(英語表記)Aleksandr Ivanovich Konovalov

世界大百科事典 第2版の解説

コノワーロフ【Aleksandr Ivanovich Konovalov】

1875‐1948
帝政ロシアの政治家,巨大繊維工場主。コノワーロフ家はモロゾフ家などと同様,先祖が自ら金を払って農奴身分から商人身分となり,綿工場経営で成功したロシアの代表的民族ブルジョアジーである。アレクサンドルはイギリスで高等教育を受け,政治に意欲をもち,〈進歩党〉を組織して,第4国会の議員となったが,ロシアの民主的変革のための超党派の結束をはかって,ケレンスキーらとフリーメーソン形式の秘密結社をつくったといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコノワーロフの言及

【ロシア革命】より

… 注目すべきは,第1次革命の頂点で専制を助ける側にまわった資本家の中から,地主貴族を押しのけて国家の主人公になろうという政治志向が現れたことである。進歩党をつくったモスクワの綿工業資本家コノバーロフAleksandr I.Konovalov(1875‐1948)らの右翼自由主義者である。こうして労働者の急進化とブルジョアジーの急進化によって,1914年初夏のロシアには,ふたたび革命的危機が接近していた。…

※「コノワーロフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android