コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュビツァ妃の邸宅 リュビツァヒノテイタク

デジタル大辞泉の解説

リュビツァひ‐の‐ていたく【リュビツァ妃の邸宅】

Konak kneginje Ljubice》セルビアの首都ベオグラードにある邸宅。オスマン帝国に対する蜂起でセルビア公国を成立させたミロシュ=オブレノビッチ1世により、1832年に建造。妻リュビツァの名を冠する。西洋建築の中にトルコ風の要素を採り入れた、セルビア‐バルカン様式と呼ばれる建築様式の先駆けとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android