コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュールマン

百科事典マイペディアの解説

リュールマン

ドイツの製鉄技術者。工業学校を終えて製鉄工場で働き,のち独立。1860年高炉の湯だまりをふさぎ,羽口4個と鉱滓(こうさい)口1個を設けて,高炉の大型化・銑鉄の量産への道を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

リュールマンの関連キーワードエンリケ ホルダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android