コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高炉ガス こうろガス blast furnace gas

3件 の用語解説(高炉ガスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高炉ガス
こうろガス
blast furnace gas

製鉄溶鉱炉から排出されるガスで,コークスと空気からつくる発生炉ガスと成分的によく似ている。一酸化炭素 (27%) ,窒素 (60%) を主成分とし,少量の水素 (2%) および二酸化炭素 (11%) を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高炉ガス【こうろガス】

製鉄において高炉の炉頂から多量に吹き出すガス。主成分は窒素,炭酸ガス,一酸化炭素。ふつう工場用燃料として利用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうろガス【高炉ガス blast furnace gas】

略称BFG。製鉄所の高炉(溶鉱炉)から発生するガスをいう。その発生量は高炉で生産される銑鉄1tあたりおよそ1500m3(標準状態換算)であり,その組成の一例を示せば次のとおりである。窒素53~56%,一酸化炭素21~23%,二酸化炭素19~22%,水素2~3%。この高炉ガスは高炉に投入されたコークスおよび重油,微粉炭が空気によって部分燃焼し,一酸化炭素と窒素を主成分とする還元性のガスとなり,これが鉄鉱石を還元して生じたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高炉ガスの関連キーワードダッドリー溶鉱炉製鉄所溶鉱炉・鎔鉱炉高炉スラグ廃ガス釜石市から東海市への集団移転神戸製鉄所の高炉和歌山製鉄所新日鉄八幡製鉄所の火災

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高炉ガスの関連情報