コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョンソン(竜城) リョンソンRyongsǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リョンソン(竜城)
リョンソン
Ryongsǒng

北朝鮮,ハムギョンナム (咸鏡南) 道中部,ハムフン (咸興) 市の南西部にある区域。工業地域で,特にリョンソン機械工場の所在地として知られる。発電機溶鉱炉,化学工場設備などを製造。ビニロンの一貫製造工場である二八ビナロン工場の設備を開発,建設し,北朝鮮の工業建設における「母の工場」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リョンソン(竜城)の関連キーワードハムフン(咸興)市

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android