コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リライアントアストロドーム リライアントアストロドーム Reliant Astrodome

1件 の用語解説(リライアントアストロドームの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

リライアントアストロドーム【リライアントアストロドーム】
Reliant Astrodome

アメリカのテキサス州ヒューストンにある、世界初のドーム屋内球技場。◇名前に冠されている「リライアント」とはヒューストンを本拠地とする大手電力会社の名称で、周辺全体がリライアントパークと呼ばれる複合施設になっている。1965年、高温多湿なヒューストンで快適な試合環境を作るために、屋根で覆われたドーム球場が建設された。ヒューストンは宇宙開発の町でもあることからアストロドームと命名され、1962年に誕生した大リーグチーム、ヒューストン・コルト45sも、移転に合わせてアストロズと改名した。完成当時は天然芝だったが、育成がむずかしく、新開発された人工芝を採用した。1999年を最後に、大リーグの公式戦では使用されなくなった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リライアントアストロドームの関連キーワードアストロドームイーストコーストテキサスコットンボウルドーム球場ヒューストン交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone