コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンブー族 リンブーぞくLimbu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンブー族
リンブーぞく
Limbu

ネパール東部およびインドのシッキム州ブータンに居住するチベット系の山地稲作農耕民。言語はチベット=ビルマ語族のリンブー語を用い,アニミズムと混交した独自の仏教をもつ。人口約 20万と推定される。ネパールによる征服以前には複雑な政治組織がなかった。父系氏族をもち,西から侵入したヒンドゥー農民との間に土地をめぐる係争が少なくない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のリンブー族の言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…その中間に分布するのが,モンゴロイド型の顔と体つきをもち,チベット・ビルマ語派系のヒマラヤ諸語を話す人々である。カトマンズ盆地を挟んで東西山地にタマン族,東部山地にライ族,リンブー族,スヌワール族,西部山地にマガル族,グルン族タカリー族が住む。ヒマラヤ山地の〈耕して天に至る〉段々畑がみられるのもこのあたりである。…

※「リンブー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンブー族の関連キーワードグルカー族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android