コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーズ城と庭園 リーズじょうとていえん

1件 の用語解説(リーズ城と庭園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

リーズじょうとていえん【リーズ城と庭園】

イギリスのイングランド南東部、ケント州カンタベリー(Canterbury)近郊のリーズ村にある古城。森と草原、湖に囲まれた石城で、ヨーロッパで最も美しい城の一つと評されている。征服王ウィリアムの息子、ヘンリー1世治世下の1119年にノルマン人豪族によって建設され、その150年後の1278年にエドワード1世所有の城となり、その後3世紀にわたって王室の城として使われた歴史を持つ。その後、1926年にベイリー夫人がこの城を購入してリーズキャッスル財団を設立し、1976年に一般に開放された。城内には16世紀初期の寝台、美しく飾られた居間、客間などがあり、美しい庭園も見どころの一つとなっている。ロンドンビクトリア駅から約1時間のベアステッド(Bearsted)駅で下車。駅前からリーズ城に行くシャトルバスが発着している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーズ城と庭園の関連キーワードイギリス東インド会社カンタベリーサセックスチャタムドーバーイギリス国教会イギリスオランダ戦争ヘースティングズ城Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone