コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客間 キャクマ

4件 の用語解説(客間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゃく‐ま【客間】

来客を応接する部屋。客室。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゃくま【客間】

住宅において,来客を通し接待をする目的で用意された部屋。現在の住宅における客間の概念は,生活の西欧化が進む中で生じたもので,必ずしも日本古来のものではない。鎌倉時代以前の寝殿造の住宅では,身分が上の客を招くときは主人の居室である寝殿を客に明け渡して饗応した。それ以外の場合は,寝殿の広廂(ひろびさし)や,それに連なる二棟廊(ふたむねろう)が接客の場に当てられた。室町時代になると,連歌の会など人を集めて遊ぶ機会が多くなったためか,泉殿(いずみどの)とか別棟の会所(かいしよ)が接客空間として用いられるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゃくま【客間】

来客を通す部屋。客用の部屋。客室。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

客間
きゃくま

住宅において、客を通し応接するための部屋。訪れる人を通す部屋としては、平安時代の寝殿造の住宅における出居(でい)が明らかになる最初であるが、かならずしもそのために特定の部屋がつくられたのではなく、二棟廊(ふたむねろう)や廂(ひさし)の一部が使われている。身分の高い訪問者をもてなすことが一般的になったのは中世に入ってからで、主殿造の住宅では主殿の中央の部屋が客間にあてられていた。江戸時代の初めには接客のしきたりも定まり、書院造の住宅では書院とよばれる二棟の建物が接客のために使われるようになった。近代の都市住宅では、江戸時代以来の書院の伝統を継ぐ和風の座敷と、明治以降洋風の生活様式が入ってきてできた洋風の応接間とが接客のために用意されるのが普通である。しかし、客間、すなわち座敷と応接間は、通常南に面する日当りのよい場所につくられ、面積も広く、北側の日が当たらない場所に茶の間など生活にあてる部分が回されていたために、明治末期ごろからしだいに強くなる生活改善運動では「接客本位を改め家族本位に」の住宅改良の旗印の下で真っ先に排斥されることになる。第二次世界大戦前には、生活改善運動の進展にもかかわらず、客間が一般の都市住宅から消滅はしなかったが、敗戦直後の都市住宅では、生活改善運動の成果をまつまでもなく、経済的な事情や材料の不足から、応接間も座敷もつくれなくなり、失われてしまった。その後も土地の事情や経済的な事情から都市住宅では客間を設けられない家が多くなり、独立した居間がある場合には、親しい間柄なら居間に客を通すことになる。したがって、居間が客間の性格を帯び、本来の家族のだんらんの場としての機能が阻害されている。
 外国、たとえばイギリスではゲスト・ルームguest roomが客間にあたるが、これは日本の客間とは機能が違い、主として宿泊客のための居室で、家族個々人の寝室と同様に寝台や衣装掛け、机と椅子(いす)などを備え、便所、風呂(ふろ)、化粧室を付属しているのが普通である(同様の機能をもつホテルにおける客の宿泊室をもguest roomとよんでいる)。客は家族とともに食堂で食事をし、居間でだんらんの時を過ごす。このような客間はヨーロッパやアメリカの住宅では一般的である。それに対して日本ではゲスト・ルームに相当する部屋はなく、床の間のある座敷に客を泊めていた。[平井 聖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の客間の言及

【サロン】より


[客間としてのサロン]
 フランスの近世住宅の中心をなす客間をいう。オテル形式の住宅では前庭(中庭)に設けられた入口を入り,前室を経て到達する。…

【住居】より

…農家や町屋にあった土間はなくなり,それに代わって1坪ぐらいの玄関を設けるようになる。来客のため,客間と呼ばれる座敷を準備し,外部に面した廊下の外側にガラス戸を建て込んで,廊下を屋内の一部として使用するようになる。また,建物の一部を2階建にして,客間や書斎などにあてる住宅も見られるようになる。…

【出居】より

…ここで主人が装束をつけたり,子弟の元服などの行事を行うこともあった。《源氏物語》に〈客人の御でい,さぶらひと,しつらい騒げば〉とあるように,寝殿造では接客空間が未分化なのが特徴で,常設の客間はなかった。出居は元来〈主人が出でて客と共に居る場所〉を意味し,来客に応じて板敷の床に円座や半畳,茣蓙(ござ)などの敷物を敷いてザ(座)を設け応対する場所であった。…

【パーラー】より

…談話室,客間,軽食喫茶室。〈話す〉を意味するフランス語parlerと同根の語。…

※「客間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

客間の関連キーワード通過通航権覆下園客をする客を取る客を引くコンパニオン通し切符来客沸し接ぎろ(濾)過布

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

客間の関連情報