リードビーター(英語表記)Charles Webster Leadbeater

世界大百科事典 第2版の解説

リードビーター【Charles Webster Leadbeater】

1847‐1936
ブラバツキー,オルコット,ベザントらと並ぶ,神智学協会運動の初期におけるイギリス人指導者。クリシュナムルティJiddu Krishnamurtiのメシア化と伝道につとめたが,晩年はオーストラリアへ渡り,神智学協会を母体とする自由カトリック協会を主宰した。主著《神秘的人間像Man,Visible and Invisible》(1902)は,今東光の訳で第2次大戦前に公刊された。【山下 武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android