コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東光 とうこう

5件 の用語解説(東光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東光
とうこう

電子部品メーカー。 1955年前田久雄により東京ラジオコイル研究所として設立。 60年埼玉工場第一工場を建設。 64年現社名に変更した。可変コイルの一種,中間周波変成器 IFTにより発展。コイル製品のほか,スイッチ,ポリバリコンといった機構部品類,セラミックフィルタ,半導体などを製造,販売する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

とうこう【東光】

山形の日本酒。酒名は、所在地の旧称「東町」から「東」をとり、朝日のように光り輝けという願いを込めて「光」を合わせて命名。「袋吊り壜囲い」は精米歩合35%で仕込み、袋吊りで搾った大吟醸酒。ほかに純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などがある。平成1、2、17、20~26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、はえぬきはなの舞など。仕込み水は吾妻山系の伏流水。蔵元の「小嶋総本店」は慶長2年(1597)創業。江戸時代は米沢藩主上杉家の御用酒屋でもあった。所在地は米沢市本町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

東光(とうこう)

山形県、株式会社小嶋総本店の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東光

正式社名「東光株式会社」。英文社名「TOKO, INC.」。電気機器製造業。昭和30年(1955)「株式会社東光ラジオコイル研究所」設立。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は埼玉県鶴ヶ島市大字五味ヶ谷。村田製作所子会社の電子部品メーカー。デジタルAV機器通信機器などに使用されるコイルの大手。東京証券取引所第1部上場。証券コード6801。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東光の関連キーワード弥栄鶴朝光いづみ橋貴生娘御所泉酒田錦高田鶴美の鶴むくね八重の露

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東光の関連情報