コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リ・コン・ウアン Ly Cong Uan

世界大百科事典 第2版の解説

リ・コン・ウアン【Ly Cong Uan】

974‐1028
ベトナムのリ(李)朝の創始者(在位1009‐28)。タイト(太祖)とも呼ぶ。現在のハバック省の生れ。母ファム(范)氏と神人の間の子と伝えられる。仏寺で学問を修め,前レ(黎)朝のチュントン(中宗)に仕え,レ・ロン・ディン(黎竜鋌)の時,殿前指揮使に昇任して軍事を握った。1009年ディンの死後,みずから帝位にのぼり年号を順天とした。10年,これまでディン(丁)・前レ2朝の都であったホアル(華閭)城が狭隘であるとしてタンロン(昇竜。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリ・コン・ウアンの言及

【ベトナム】より

…993年宋はホアンを交趾郡王に封じ,その独立を承認した。この前レ(黎)朝もまた1009年リ・コン・ウアン(李公蘊)に簒奪された。ウアンは都をタンロン(昇竜。…

【リ朝】より

…ベトナムは10世紀に中国の支配から独立したが,クック(曲),ゴ(呉),ディン(丁),レ(黎)氏らの各勢力が半世紀間興亡を繰り返して安定しなかった。リ(李)朝の祖リ・コン・ウアン(李公蘊。太祖。…

※「リ・コン・ウアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リ・コン・ウアンの関連キーワードリ(李)朝(ベトナム)リ朝

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android