コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リ・コン・ウアン Ly Cong Uan

1件 の用語解説(リ・コン・ウアンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リ・コン・ウアン【Ly Cong Uan】

974‐1028
ベトナムのリ(李)朝の創始者(在位1009‐28)。タイト(太祖)とも呼ぶ。現在のハバック省の生れ。母ファム(范)氏と神人の間の子と伝えられる。仏寺で学問を修め,前レ(黎)朝のチュントン(中宗)に仕え,レ・ロン・ディン(黎竜鋌)の時,殿前指揮使に昇任して軍事を握った。1009年ディンの死後,みずから帝位にのぼり年号を順天とした。10年,これまでディン(丁)・前レ2朝の都であったホアル(華閭)城が狭隘であるとしてタンロン(昇竜。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のリ・コン・ウアンの言及

【ベトナム】より

…993年宋はホアンを交趾郡王に封じ,その独立を承認した。この前レ(黎)朝もまた1009年リ・コン・ウアン(李公蘊)に簒奪された。ウアンは都をタンロン(昇竜。…

【リ朝】より

…ベトナムは10世紀に中国の支配から独立したが,クック(曲),ゴ(呉),ディン(丁),レ(黎)氏らの各勢力が半世紀間興亡を繰り返して安定しなかった。リ(李)朝の祖リ・コン・ウアン(李公蘊。太祖。…

※「リ・コン・ウアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リ・コン・ウアンの関連キーワード交趾フエベトコンベトナム語ホーチミン市越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムのコメ川本邦衛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone