コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイア族 ルイアぞくLuyia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイア族
ルイアぞく
Luyia

ケニア西部,エルゴン山からビクトリア湖畔にかけて居住するバンツー語系諸族の総称。ルヒア族カビロンド・バンツーとも呼ばれた。人口約 370万と推定される。ブクス族,ワンガ族,イスハ族,ティリキ族,マラゴリ族,ニャラ族など約 18のグループがあり,社会的慣習や宗教的観念なども少しずつ異なっている。また,言語のうえから,それらは北部,中部,東部,南部の4つに大別できる。社会組織は一定の領域をもった父系の氏族を基礎とする。とうもろこしを主食にする農耕民であるが,牛,やぎ,羊を多く保有している。なおウガンダ側に住む,文化的,言語的に関係の深いギス族,サミア族など4グループもルイア族に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone