コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイア族 ルイアぞくLuyia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイア族
ルイアぞく
Luyia

ケニア西部,エルゴン山からビクトリア湖畔にかけて居住するバンツー語系諸族の総称。ルヒア族カビロンド・バンツーとも呼ばれた。人口約 370万と推定される。ブクス族,ワンガ族,イスハ族,ティリキ族,マラゴリ族,ニャラ族など約 18のグループがあり,社会的慣習や宗教的観念なども少しずつ異なっている。また,言語のうえから,それらは北部,中部,東部,南部の4つに大別できる。社会組織は一定の領域をもった父系氏族を基礎とする。とうもろこしを主食にする農耕民であるが,牛,やぎ,羊を多く保有している。なおウガンダ側に住む,文化的,言語的に関係の深いギス族,サミア族など4グループもルイア族に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルイア族の関連キーワードケニア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android