コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルオシヤオシャン(羅霄山)山脈 ルオシヤオシャンさんみゃくLuoxiao shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルオシヤオシャン(羅霄山)山脈
ルオシヤオシャンさんみゃく
Luoxiao shan

中国南東部,チヤンシー (江西) 省とフーナン (湖南) 省との境界をなす山脈。ウーコンシャン (武功山) 山脈,ワンヤンシャン (万洋山) 山脈,チューコワンシャン (諸広山) 山脈など,北東から南西方向に並行する山列から成る。標高 1500~2000m。カン (贛) 江とシヤン (湘) 江の分水嶺となっている。中部には 1927年に農村革命根拠地の築かれたチンカン (井崗) 山がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルオシヤオシャン(羅霄山)山脈の関連キーワードチューコワンシャン(諸広山)山脈ワンヤンシャン(万洋山)山脈ウーコンシャン(武功山)山脈トンナン(東南)丘陵チーアン(吉安)地区カン(贛)江

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android