コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクセンブルク朝 ルクセンブルクちょう

百科事典マイペディアの解説

ルクセンブルク朝【ルクセンブルクちょう】

ドイツの王朝。ハインリヒ7世(在位1308年―1313年)が始祖。その子ヨハンはボヘミア王国を領有し,この地方に勢力を伸ばした。2代目のカール4世(在位1346年―1378年)の時に最盛,以後急速に衰退。
→関連項目ジギスムント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ルクセンブルク朝の関連キーワードハプスブルク[家]チェコスロバキアプシェミスル朝カール[4世]東欧史選帝侯

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android