コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクセンブルク朝 ルクセンブルクちょう

百科事典マイペディアの解説

ルクセンブルク朝【ルクセンブルクちょう】

ドイツの王朝。ハインリヒ7世(在位1308年―1313年)が始祖。その子ヨハンはボヘミア王国を領有し,この地方に勢力を伸ばした。2代目のカール4世(在位1346年―1378年)の時に最盛,以後急速に衰退。
→関連項目ジギスムント

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ルクセンブルク朝の関連キーワードハプスブルク[家]チェコスロバキアプシェミスル朝カール[4世]東欧史選帝侯