最盛(読み)さいせい

精選版 日本国語大辞典「最盛」の解説

さい‐せい【最盛】

〘名〙 (形動) もさかんなこと。いちばんさかりであること。また、そのさま。
※興禅護国論(1198)中「今最盛是臨済也」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「外寇を防ぎ最盛の敵国を厭服するが為め尚ほ幾多の大難に当り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最盛」の解説

さい‐せい【最盛】

もっとも盛んなこと。いちばんの盛り。「映画が最盛のころ」
[類語]繁栄繁盛にぎわう富む栄える栄華全盛興隆隆盛にぎわすにぎやかはやる盛る盛栄栄耀栄華共存共栄隆昌新興末広末広がり殷賑いんしん活況盛況盛会盛大繁華花が咲く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android