コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメリア Rumelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメリア
Rumelia

トルコ語ではルメルまたはルムイル (「ローマ人の国」の意) 。アナトリアに対する語で,かつてのオスマン帝国のバルカン半島一帯の領土をさす。東ルメリアモナスティルサロニカエディルネの4地域に分けられる。 1885年東ルメリアはブルガリアに併合され,第2次バルカン戦争ののち,1913年のブカレスト条約で,モナスティルはセルビアに,サロニカはギリシアに割譲され,エディルネだけがオスマン帝国に残された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルメリアの関連キーワードアレクサンダル(1世)(ブルガリアの公)シャルダン マイアロマスティックエブッスウト・エフェンディセルビア=ブルガリア戦争ヴァルキリープロファイルアルメリア(スペイン)長谷川プルメリア依莉消臭アロマパレットコスタデルソルエディルネ事件スタラ・ザゴラ東欧史(年表)カジーアスケルインドソケイプロブディフブルガリア史ハマカンザシレバント美術アリ・パシャスタンボロフ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android