コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメリア Rumelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメリア
Rumelia

トルコ語ではルメルまたはルムイル (「ローマ人の国」の意) 。アナトリアに対する語で,かつてのオスマン帝国のバルカン半島一帯の領土をさす。東ルメリアモナスティルサロニカエディルネの4地域に分けられる。 1885年東ルメリアはブルガリアに併合され,第2次バルカン戦争ののち,1913年のブカレスト条約で,モナスティルはセルビアに,サロニカはギリシアに割譲され,エディルネだけがオスマン帝国に残された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルメリアの関連キーワードアレクサンダル(1世)(ブルガリアの公)シャルダン マイアロマスティックエブッスウト・エフェンディセルビア=ブルガリア戦争アルメリア(スペイン)長谷川プルメリア依莉コスタ・デル・ソル消臭アロマパレットコスタデルソルスタラ・ザゴラミリャレス遺跡カジーアスケルエディルネ事件プロブディフアルメリア県インドソケイアルガル遺跡ブルガリア史ハマカンザシアリ・パシャ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android